Loading

失敗しない売却をするために。 家・不動産の『価格査定』編

ブログ画像1 ブログ画像2

家・不動産の『価格査定』 机上査定・訪問査定の違いと使い分け

こんにちは!ハウスドゥ!小倉南インター店です。

今回は、家・不動産の価格査定についてご説明いたします♪


価格査定とは、不動産会社が、売買等の取引を目的として

不動産の価格などを評価することを、「価格査定」といいます。

価格査定は、売り出し価格などの参考情報として活用され、

販売事例や取引事例等のデータを参考にして行われます。

査定の方法には、「机上査定」といわれるものと、「訪問査定」があります。


机上査定とは、周辺の取引事例や公的な価格情報等のデータから算出した査定です。


比べて、訪問査定は実際に物件の状態(土地の地形、形状、接道状況、日当たり、周辺施設、建物の傷み具合など)

を細かく確認するとともに、法務局や行政庁などで、登記記録(登記簿)、物件に対する法規制、

上下水等の整備状況なども調査した上で行われる詳細な査定です。


この机上査定、訪問査定をどのように使い分けるべきなのでしょうか?

まず机上査定ですが、周辺の取引事例や公的な価格情報等のデータから算出される為、

下限価格と上限価格の幅が大きく、また実際の建物のの状況で、机上査定価格を外れてしまうことがあります。

例えば、建物が傾いており修復不可能な場合等、土地として販売する際、

解体費用、確定測量費用を差し引いた価格で成約になる場合があり、机上査定を参考にしていた為、

手元に残る資金が不足する可能性があります。この場合、困るのは『住み替え』です。

不動産が売れた時のお金を当てにして、新たに住宅を購入していた場合などがこれに該当します。

机上査定は、訪問査定の前の準備としてご利用頂くべきかと思います。


比べて訪問査定ですが、物件の状態等を細かく確認する為、リフォームした金額や、

お家管理状態が加算されることも多く、逆にマイナスポイント等もしっかり把握することが出来る為、

売却することを決めている方にオススメです。基本的に査定は無料ですので、

机上より訪問査定の方がメリットが高いといえます。


売ることが決まっているのか、そうでないのかで使い分けるといいかと思います。

価格によって売却を検討したいから先ずは机上査定を利用したい、という方は、下記リンクより、

10秒査定をご利用下さい。人工知能が自動で価格査定を行いますので

ストレス無く机上査定価格を把握できます。

 


↓↓10秒査定はこちら↓↓

 

http://kokuraminamiinter-housedo.com/sell/

 

↓↓訪問査定のご依頼はフリーダイヤルからどうぞ↓↓

 

フリーダイヤル: 0120-373-566

 

 

女性

はじめての方もご安心ください。経験豊富なスタッフが、
物件探しのノウハウや資金計画まで丁寧にアドバイスさせて頂きます!

見るだけ聞くだけOK

電話で問合せ

通話料無料

0120-373-566

定休日:水曜日、年末年始
営業時間:9:00~18:00 

ページトップ